格安SIMはスマホをあまり使わない人に最適!

格安SIMはスマホをあまり使わない人に最適!

 

実は格安SIMは、スマホをたくさん使っている人よりも、あまり使わない人にこそ、おすすめです。

 

例えば、

  • 電話はあまりしない。
  • データ通信はラインくらいしかしない。
  • Wi-Fiをメインで使用しているので、あまりデータ通信してない。

というような人です。

 

こういった人は、月のスマホ料金を無理なくグンと安くできます。

 

しかし、なぜあまり使わない人にこそ、格安SIMはおすすめなのでしょうか?

 

 

格安SIMのデメリットが関係している

 

格安SIMは以下のようなデメリットがあります。

 

  1. 通話料金が割高(30秒20円ほど)
  2. データ通信速度が少し不安定

 

そのため、電話をたくさんする人や、データ通信をたくさん使う人にとっては、あまりメリットがありません。

 

しかし、ほとんどスマホを使っていない人にとっては、あまり使っていないため、ストレスになりません。

 

スマホを使っていない人であれば、ストレスなく月額料金が安いSIMカードに乗り換えができてしまうのです。

 

 

MNPで電話番号もそのままで乗り換えできる

 

ナンバーポータビリティ(MNP)を使えば、電話番号もそのままで格安SIMに乗り換えることができます。

 

注意してほしいのは、キャリアのメールアドレスは使えなくなってしまうことです。

 

代わりにGmailなどを使うことになるので、どうしてもキャリアのメールアドレスを使いたいという人は格安SIMへの乗り換えは止めた方がよいです。

 

 

 

スマホをあまり使わない人こそ格安SIMを使おう

 

そういった理由で、格安SIMはあまり使わない人にこそお勧めです。

 

日本にはあまりスマホを使っていないライトユーザーと呼ばれる層がたくさんいます。

 

ライトユーザーの方々は、現在のスマホ料金を「高い!」と思っている方たちがほとんどです。

 

キャリアでの契約は、必要のない契約を結んでいることがほとんどだからです。

 

 

格安SIMの中でも特におすすめなのが評判が良いと言われているDMM mobileです。

 

 

もし、あなたがライトユーザーであるならば、格安SIMのDMM mobileに乗り換えすることをお勧めします。